働き場所を求める歯科医師の求人の状況

いまどきの歯科医療は、個人開業の歯科医師が増えすぎたということもあって、コンビニよりも歯科医院の方が数が多いと言われています。
そのため、あまり腕のよくない歯科医師が個人開業した場合、周辺にもたくさんの歯科医院があることから、自然にあそこはイマイチ、という評判がたってしまい、いつの間にか患者が少なくなってワーキングプアに陥ることも珍しくありません。
そこで自ら開業できるだけの知識と経験を積んだけれど、あえて個人開業医になることはせず、病院の歯科や口腔外科で働くことを選ぶ歯科医もいます。
個人開業をしなければ、どこかに働き場所を求めることで月給、もしくは時給が支払われますし、個人開業医と違って業績のことを気にする必要もありません。
そういった意味では歯科の仕事に専念できると言え、歯科医としての力もより安定して発揮できるのではないでしょうか。
個人開業医が増えれば、病院内で働く歯科医師が減ることになりますから、それなりに求人はあると思います。